2009.09.04

現代のやさしさ

こんばんは、のんきです。

うちのネコが病気を患ってしまいました。

ここ2日ほどぶっとい注射を3本ずつ打たれています。

注射針が刺さる度に必死にもがく様子は見るに耐えません・・・。


さて今回は「やさしさの精神病理」を読みました。
現代社会に流布する多様な"やさしさ"の概要を取り上げた一冊です。


旧来のやさしさというのは、相手が自分の気持ちを察してくれ、
それを我が事のように受け入れてくれるときに感じられるものだったのですが
現代におけるやさしさというのは、自分が持っている痛みや悲しみが
相手を動揺させてしまうなら、それらを伝えないように
気遣うようになっていると著者は説いています。


他にも精神科医の著者が接したいろんな患者の"やさしさ"の症例が掲載されていますので
ジェントルメンを目指すアラウンド30は一読されてみてはいかがでしょうか?


ちなみに私は合コンで「優しそうですね」っとレデーにいわれたことがあります。
言われただけで進展はありませんでした。


なんて暢気な

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
美的美容コスメ小娘 Ferretアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。