2009.12.14

男の値打ち

あなたの応援に感謝→読書日記ブログランキング


おはようございます、のんきです。

馴染みのうどん屋で、東京土産のごま玉子を店長に贈りました。

いつもこの店には何かしらサービスしてもらっているので
ほんの気持ちばかりのお土産でしたが、いつもの
舞茸天うどんを注文すると・・・

udon.jpg

海老増量〜〜〜!


ありがたいことこの上なし!

またお土産買ってくるか・・・。


さて今回は芳岡 堂太氏が書いた
「坂本龍馬 男の値打ち」を読みました。
幕末の英雄、坂本龍馬の魅力を語った一冊です。


坂本龍馬といえば、動乱の幕末で
「薩長同盟」や「大政奉還」など一大イベントを
成功に導いた希代の英雄ですが、

同時期に活躍した桂小五郎や西郷隆盛が、
所属する藩の重要な役職に就くほど、身分のある立場だったのに対し、
坂本龍馬は脱藩浪人、現在で言うフリーターだったそうです。

その彼が、越前福井藩の藩主であり、幕府のNo2である松平春獄から
直談判で5000両を借りたエピソードがあります。

これは現政権で言えば、フリーターが菅直人に交渉で
3億円を借りるようなもの・・・だと思います。

しかも担保なし!

龍馬が語る未来像を信用しただけ!

そのお金を工面するために、松平春獄は持ち物を売り払ったりしたそうです。

松平春獄の懐の深さもさることながら、
坂本龍馬の交渉能力の高さが伺えるエピソードでした。


全体的には坂本龍馬だけをヨイショしたものではなく
彼に関わった勝海舟や西郷隆盛のエピソードも掲載されいて
幕末の時代背景を学べる内容になっています。

坂本龍馬を愛してやまない方は一読されてみてはいかがでしょうか?


私は夜のお嬢さんを、渚のランデヴーへ連れ込む
交渉能力を持とうと思います。


なんて暢気な
タグ:坂本龍馬

この記事へのコメント
坂本竜馬、興味あります。
「JIN−仁−」って観てます?
あのドラマ大好きなんですよ、それで
ちょっと、興味を持ちました。
Posted by mama at 2009.12.14 17:39
現代の医者が幕末の時代にタイムスリップするやつですよね?
見たことはないんですが、坂本龍馬もでるんですか!
なんだかすごい設定だな・・・。
それは興味をそそられます。

坂本龍馬はすごいですよー。
この人がいなかったら今の日本はなかったかもしれないと
言われる人ですからね。
Posted by 丼岳 のんき at 2009.12.14 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
美的美容コスメ小娘 Ferretアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。