2009.12.16

盲信と正信

あなたの応援に感謝→読書日記ブログランキング


おはようございます、のんきです。

昨日で「プリズン・ブレイク」ファイナルシーズンを全て見終えました。

後半はマイケルがボンバーマンと化して爆発しまくりな
展開に、メリケンのぶっ放し主義を垣間見ましたが

裏切ったり組んだり、裏切ったり組んだりで
2転3転する物語の展開は、DVDは普段旧作100円レンタルしか
借りない私に新作380円を2本レンタルさせるほど
インパクトがあるものでした。

一番笑ったのは吹き替えのセリフです。


"テディちゃん絶好調ぉ〜!"


シリアスな場面なのに笑ってしまいましたよ。
もー若本紀夫さん最高です。

最後はハッピーエンドなんでしょうけど・・・切ないです。
まさにファイナルシーズン。

ハッピーエンドから時間を遡って展開される
「ファイナル・ブレイク」が早く観たいです。


さて今回は蔡 志忠作画
玄侑 宗久監訳
瀬川 千秋
「マンガ仏教入門」を読みました。
仏陀が弟子に語った言葉をマンガで再現した一冊です。


⇒マンガ仏教入門


「盲信」「正信」という言葉があります。

「盲信」とは、自ら確かめることなく受け入れること。

「正信」とは、本当の確証を得て信じること。

どんなに優れた人物の言葉や伝説、自分の好みに沿ってるものや
論理的なものでも安易に正しいと信じてはならない。

他人の言うことを鵜呑みにせずに、自ら悟り得たものを
信じる、すなわち「正信」が大事だと説いています。

極論すれば仏陀の言うことも無条件に信じないで
自分で体験し学んで得られた結果によって見定めること。


つまり、刑事コロンボになれということですね!


・・・例えが古くてすみません・・・。


他にも仏陀のありがたい言葉が満載ですので
仏門に下ろうと考えている方は一読されてみてはいかがでしょうか?


そう! 夜のお嬢さんたちが、こすっからいアバズレばかりと思ったら
大間違いなんですよ!
これも「正信」の成果です。


なんて暢気な


あなたの応援に感謝→読書日記ブログランキング
タグ:漫画 仏教

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
美的美容コスメ小娘 Ferretアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。