2010.04.16

美味しんぼ 食と環境問題

■■ 応援に感謝 ■■
読書日記ブログランキング




いやー久しぶりでした。


あんなに緊張感が漂う
美味しんぼを読んだのは



私にとっては、
富井副部長が就業中に酩酊して
小泉局長に殴りかかった時以来の
緊張感が漂うエピソードでした。


今回の美味しんぼは 最近トレンドの
環境問題がメインシナリオになっています。


シジミをほぼ全滅させた河口堰や、過剰に
建設されたがまったく役に立たないダム

土壌に深刻な問題がある築地市場移転先

広島型原爆の約11万発分の核を抱え込む
六ヶ所村の核燃料再処理工場


上記の3点に共通するのが

政治家や官僚、ゼネコンたちであり、

海原雄山と山岡士郎は、自分たちの
利益ばかり貪って、環境破壊しまくる彼らを
めっさ批判しています。


つまり・・・


日本政府に喧嘩を売っています!


さすが海原先生!
おれたちにできないことを平然とやってのける!
そこにしびれるッ! あこがれるゥ!


個人的に感銘を受けたのが
美味しんぼでは、環境破壊の原因に
政治家やゼネコンの他に

「学者」を挙げています。


官僚や地方自治体は、事業計画を
立てると、それを検討する委員会を
立ち上げます。

その際、委員には事業推進派の学者を
選び、事業内容に問題がないことを
数値化、理論化して主張させます。


ダムが治水に全く役に立たないことを
分かっていながら、有効性を説いたり、

半端なく汚染されている土壌に
ナマモノを扱う市場を建てることに
反対しない姿勢に

「学者」も悪いだろうと
海原雄山と山岡士郎は訴えています。


環境問題とあって、さすがに
普段のエピソードに比べると
重たい内容でした。

食べ物の漫画なのに
原子力発電所の作業内容を
説明されたり、難しい話が
多かったんですが

美味しんぼ特有の
食べ物による環境への問題提起、

それと毎度おなじみ究極と至高の対決で
お互いに塩を送りあう海原雄山と山岡士郎の
やりとりが面白かったです。


最近の美味しんぼには正直、倦怠感を
感じていたのですが、

今回のシナリオはかなり刺激的で、
まだまだ次巻にも続くので、今後の展開が
楽しみです。



■のんき's choice    ■
■海原先生の至高の台詞 ■


"さらにダムは洪水を引き起こす"



■■ 応援サンクス ■■
読書日記ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146663059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
美的美容コスメ小娘 Ferretアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。