2011.10.24

大人のための音感トレーニング本 暗記チャレンジ6

大人のための音感トレーニング本 音楽理論で「才能」の壁を越える! (CD付き) [単行本(ソフトカバー)] / 友寄 隆哉 (著); リットーミュージック (刊)
↑ご購入は画像をクリック



さて、第6回目は・・・



数字簡易表記
1=出発点=P1
2=M2 ♭2=m2(短2度)
3=M3 ♭3=m3(短3度)
4=P4 +4=+4(増4度)
5=P5 +5=+5(増5度)
6=M6 ♭6=m6(短6度)
7=M7 ♭7=m7(短7度) −7=−7(減7度)




ジャズやポピュラーの世界では、音程を長3度、M3といった表示から
さらに省略化して数字化するんだそうです。

暗記チャレンジ3
暗記チャレンジ5で取り上げた"屋号"を
毎回譜面に記載するのは結構手間になるし
譜面上もドッチラケで見づらくなるからでしょうね多分。


ただし、この表記には重減(♭♭)はないそうです。
例えば♭7を短7度にしていて、これから半音下げると
表記上は♭♭7になります。


onkan.JPG
↑上記の音程図でみると、短の次は減になるので
♭♭7は減7度になります。

ですが♭♭は本来、重減を示す記号で
このままだと表記と内容にズレが生じて
ややこしくなるため、

簡易表記での減7度は、本来の音程表記の―7を使用することになるんだそうです。


ややこしいのぅ・・・。


■ここまで閲覧ありがとうございます ■
■よかったら応援ポチッとお願いします■
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


大人のための音感トレーニング本 音楽理論で「才能」の壁を越える! (CD付き) [単行本(ソフトカバー)] / 友寄 隆哉 (著); リットーミュージック (刊)
↑ご購入は画像をクリック

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
美的美容コスメ小娘 Ferretアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。